作者別: 希生子

工夫は必要かも知れません

自分に合った美白化粧品を捜すのって、なかなか大変ですよね。

私の場合は、シミやソバカスが目立ってきたので、最初の頃は、美白化粧品を色々試してみました。

特に、すでにできてしまったシミやソバカスを薄くしたい場合、まずはシミができた原因と対策をしっかり調べることが大切です。

それと、どんな化粧品でも、自分のシミやソバカスに有効でなければ、却ってお肌に過剰な刺激を与えてしまいます。

中でもシミやソバカスだけでなく、肌荒れ、シワの増加などの肌トラブルはよく起こりがちで、悩んでいる人も大勢いると思います。

また、乾燥している肌は、敏感肌になることも多いので、肌をむやみに刺激しないで、無添加の基礎化粧品などを使うといいと思います。

とはいえ、女性にとって朝のメイクにあまり時間持とれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かも知れませんね。

私も35歳を過ぎた頃から、すっかり肌のハリがなくなって、シミやソバカスが増えた気がします。

鏡に向かっても、出るのはため息ばかりでした。

そのため、思い切って毎日摂っている食事から見直してみようと思いました。

なぜなら、あるテレビ番組で、食事の質を変えると、肌の質も変わると言っていたからです。

そして、シミやソバカス、シワなどの肌トラブルも改善されるそうなんです。

確かに毎日食べる食事で、私たちの身体はつくられている、というのはシンプルな事実です。

ですから、食べる物を変えると、身体も当然変化しますし、お肌の状態も良くなるみたいですね。

身体やお肌を根本から変えるこの方法は、地味なんですが、確実なアンチエイジングの方法だといえるのかも知れません。

そして、生活の質を変えることで、お肌に影響を与えるこの方法は、効果はゆっくりながらも必ず表れるようです。

ちなみに、肌にはその人の年齢が、正直に表れているように感じます。

パッと見てよくわかりやすいのは、目の下ですね。

ここは細かいシワもでるし、クマも居座るしで、年齢が進むに従って、この目の下についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。

それから、肌のハリやツヤが加齢と伴になくなると、その分、シワとなって見える形で表に出てきます。

しかし、毎日食べる食事だけで、お肌のシミやソバカスを目立たなくするには、結構無理があるな~って、最近気がついたんです。

そこで、直接的にシミやソバカスに効く医薬品のキミエホワイトというサプリをネット検索して購入しました。

キミエホワイトの口コミの評価も中々良いようなので、気になるシミやソバカスが消えるまで飲み続けようと思っています。

 

 

ホラー映画を見ることが楽しみ

私は幼少の頃から、母親と一緒にホラー映画を見ることが楽しみでした。

最近は、母と見た作品をもう一度自分自身で見返してみてどう思ったのか、どういった内容だったのか確認することが、楽しみのひとつになっています。

この前は「Jホラーシアター」という、一瀬さんプロデュースの東宝配給ホラー映画ブランドの「予言」を鑑賞しました。

この「Jホラーシアター」というのは、落合正幸さん、鶴田法男さん、清水崇さん、黒沢清さん、高橋洋さん、中田秀夫さんらの6監督がおくるジャパニーズホラー映画のブランドとなっています。

私が今回みた「予言」は、「感染」というホラー映画と併映されていた映画になっています。

ですが、私はもちろん、どちらの映画も幼少期にチェック済みの作品になっています(笑)

ただ、今回は貸出の都合で「予言」のみとなってしまいました。

ですが、久しぶりに見て、自分の記憶力の良さに驚きを隠せませんでした。

ほぼ内容は、幼少期に見た記憶のまんまで進んでいきます。

ある一家が、実家からの帰省中にトラブルにまきこまれ、夫は公衆電話を使用します。

そこでその夫は、新聞紙を見つけるのですが、そこには今車に残している自分の家族の不幸が記載されている新聞記事がありました。

そこから話がどんどん展開していくようになっています。

なんとなく、話の触りを聞いただけでも、ジャパニーズホラーの好きな方は、展開が読めてしまうかもしれません。

でも、やはりわかりやすく面白かったな、という感想ですね。

幼少期の自分でさえ理解していた内容だったので、起承転結がはっきりしていて、物語の筋道がしっかとわかるものになっていました。

ジャパニーズホラー初心者の方に、お勧めの1作です。

ちなみに、私はホラー映画を見ると汗びっしょりになるので、その後は必ずお風呂で汗を洗い流すことにしています。

その時に使うのが、最近ネットで買ってお気に入りのジャムウソープの石鹸なんです。

ジャムウソープを香りも良いので癒やされます。

 

 

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén