朝起きたときに、その日の体調ってわかるものです。

肌も同じことで、ハリやツヤがなくなってきたなと思ったら、毎日の食習慣を改善してみるのも有効です。

おいしいけど肌に悪いものはキッパリやめ、肌に良くておいしいものを選べば良いのです。

続けていくと代謝が改善され、肌質に変化が出てきますから、しみやしわを目立たなくする効果も期待でいます。

常識的な範囲であればカロリー計算も不要ですが、肌の健康を考えて食べるだけで、毎日の食事にはアンチエイジングの基礎としての面があると思うと行動しやすいでしょう。

肌が変わってくるのを実感すると、毎日の食事の意味がわかるはずです。

ここ2年から3年、急に肌のシワが気になるようになってきました。

笑ったときに目元に集中するようなシワが多く、気にするなというほうが無理な感じになってきたのです。

そのあたりのお手入れは、夜遅く帰宅しても、アヤナスのBBクリームでちゃんとしているつもりです。

特に冬には白く粉を吹くほど乾燥するところなので、アヤナスのBBクリームを使って効く保湿を欠かさないようにしています。

これでも万全でなかったとは素肌を眺めていると、年齢は隠せないものだと感じます。

目の下に出てくるクマなどは歳月とともにどうしても表れてくるものですが、本人は早くから気づいていて不安を感じているはずです。

肌のバリア機能は年々低下し、回復力がなくなるので、日光はシミやシワに形を変えて残るでしょう。

いまは優れたUVケア製品が多いですが、昔はさほどカバーできていませんでした。

先に挙げたような目元周辺、額、頬骨あたりのシミや皺(あるいはつっぱり)などは、あとからでも集中的にケアが必要です。

素肌の年齢は、いつまでも若く保ちたいものです。

肌年齢を進行させるのは、加齢による保湿機能の劣化を除けば、紫外線によるものがほとんどです。

原因を徹底的に排除すると良いでしょう。

たとえば日焼けどめを塗った上、日傘や帽子などのアイテムを使って紫外線に当たる時間を極力減らすことが大事です。

鏡を見て、加齢によるシミににショックを受けたことはありませんか。

シミ・シワ・そばかすなどアンチエイジングの敵として乾燥は、かなり手強い存在です。

肌の健康は脂肪と水のバランスで保たれていますが、乾燥すると脂性と乾燥の混合肌に移行する人も多く、乾燥部分では小皺、脂の多いところで毛穴の開きなどが出てきます。

目の周囲というのは温度が低く代謝が弱いので外部からの刺激に弱く、シワやヨレが出やすいのです。

肌のハリを生み出すコラーゲンとかヒアルロン酸の減少も加齢により加速するので、全体的に毛穴が目立ってきたり、シワやたるみが生じやすいです。

肌年齢をキープするためにも、アヤナスのBBクリームで適切なスキンケアをしていきたいものです。